痔の克服方法

「いい菌」で便秘を解消する

昨今の健康・美容習慣の傾向として、より「オーガニック」なもの
自然由来の成分・理論を優先することが、静かなブームとなっています。

 

これは「余計なものを摂取したいくない」という嗜好も影響しており
実践した経験のある方は、理解されることと思いますが
一般的な美容法に比べると、その手間・費用は大きなものと言えます。

 

しかしながら、<デトックスの必要が少なくなる>というメリットもあり
取り入れることには、基本的に有効性の高いものと言えます。

 

非常に効果的であり、且つ体に優しいことから
より自然派な習慣を来るのであれば、ぜひ優先したい習慣になります。

 

そして最近では、体の中で菌を働かせるだけでなく
菌の力を利用して、体の外から美容効果を得ることができる時代でもあります。

 

 

「菌活」とは

 

そもそも菌活とは、「体にいい菌」を体内に取り入れることで
体の底から・体質的な面から、<変えていく>というアプローチです。

 

体の中で小さな小さな成分を、有効に働かせるのです。

 

そのための働きかけとしては、やはり<口からの摂取>になりますが
その対象となる「菌」とは

  • 乳酸菌
  • 酵母菌

といったもの・・・と言ったら、拍子抜けされる方も多いと思われます。

  • ヨーグルト
  • 納豆

といった、身近な食品からも摂取することができ
日本人にとっては、非常に日常的な習慣でもあるのです。

 

しかしながら、現代に生きる人にとって菌活とは

  • 何事も意識しすぎる
  • 意外と摂取しないもの

という、非常にちぐはぐな現象が起きている習慣でもあるのです。

 

身近なものから摂取できるのにも関わらず、特別なものを最初から試し始める。

 

便秘になった時にしか、乳酸菌を摂取しないなど
健康・美容にとって、何よりも最も重要な<継続>が欠けている傾向があります。

 

まずはとりあえず「食生活」から変えていく

 

まず最初に意識することとして、毎日の食卓に
可能であれば1食1品目、菌が含まれるメニューを取り入れて欲しいと思います。

 

朝食にヨーグルト

 

昼食に納豆

 

夕食にキムチ

 

これらの食品は、結果的に「女性ホルモンの安定」や
「ダイエット」にも、効果を生み出すものになります。

 

「味噌汁」に使う「味噌」に関しても、発酵を経ている食品であり
全く難しくないことであると言えます。

 

菌は「酵素」とは違うの?

 

昨今の美容ブームの一端を担っているもう1つの成分である
「酵素」に関しては、菌の一種であると勘違いされている方が多いと言えます。

 

おそらく「酵母(こうぼ)」と混同されていると思われますが
酵母が「菌」によって、発酵を経ていることに対して
酵素というのは、それ自体が「代謝成分」になります。
(最近では、乳酸菌を利用した「発酵酵素」も存在することは確かです。)

 

 

アイテムを利用するのは効率的

 

身近な食材からも摂取することができる<菌>であり
まずは、毎日のちょっとした食習慣の見直しこそが
基礎的なことであり、経済的な働きかけでもあります。

 

しかしながら、もっと前に進んだアプローチがしたいのであれば
<より優しい菌活>を、意識して初めてみて欲しいと思います。

 

可能な限り質の高いものを

 

菌活は、最終的に「酵母」に行きつくといっても過言ではありません。

 

酵素ドリンクに隠れてしまい、最近では目立たなくなってしまいましたが
授乳期等にも利用することができるアイテムとして
産後女性にも、非常に人気の高いものになります。

 

酵素ドリンクに比べても、よりロングセラーと言えるアイテムであり
菌活という枠を超えて、一度は試してみる価値のあるものと言えます。

 

昨今の菌活ブームによって、「乳酸菌アイテム」に関しても
続々と新発売・改良されており、改めてチェックしてみることをおすすめします。

 

<菌>ということで、体質・状況等から<合う・合わない>もあります。

 

しかしながら、自分の体にマッチしたものを見つけることで
非常に幅広いメリットを得ることができる成分であり
少しずつ・定期的に試していった欲しいと思います。


 
トップ ピーチラックとは