痔の克服方法

効率的・物理的な痔の対策法

「痔にならない(なりにくい)体」を作るためには
便の質の向上・便秘の改善といった、痔を招く最大の要因である
「便通」に関する状況を、改善することが重要と言えますが
それに加えて、より物理的・身体的な要素から
まさに痔になりにくい、下半身周りの状態を作っていくことが大切です。

 

基本的には、「正しい骨格」を作ることが大切であり
その際には、下半身の骨格を左右するパーツであり
また体全体にも影響を与える、「骨盤」の状態が鍵になります。

 

 

骨盤を矯正して痔になりにくい下半身を作る

 

「人間の形」のベースとなるのは「骨の形」であり
「骨格」と呼ばれているものの、形状になります。

 

このベースが乱れている・本来の形(位置)ではないことによって
「見栄え」が悪くなっていると同時に、体内外含め様々なリスクが上昇しています。

 

こういった「骨」に関わる要素は、「自力で直すのは無理」という
イメージを持っている方が多いかもしれませんが、
時間をかけて、計画的に改善していくことは決して無理なことではありません。

 

<骨が曲がっている>ことは非常に稀

 

骨格の問題に関して、「骨は硬いから自力では無理」と
骨が曲がっていることが、骨格が乱れる原因であると考えている人も多いようです。

 

しかしそれは間違えであり、骨が直接的に曲がっているのでなく
関節が乱れていることによって、「骨の方向」が間違った方向に
本来相応しくない方向に行ってしまっていることが、原因であることがほとんどです。

 

背骨と骨盤の矯正に効果的である、「ストレッチ」や「矯正」と呼ばれているものは
自力でできるものもあれば、専門家に施術してもらわなければならないものもあります。

 

また基本的に効果は一時的であるため、根本的な解決にはなりません。

 

根本的な矯正をしないことには意味が無く、施術の繰り返しになります。

 

一時的で大きな効果よりも、時間はかかるが長続きするような
より根本的な改善策をとるべきなのです。

 

骨盤の改善をする際に必要な考え方

 

ストレッチに関しては、根本的な解決になると思われていることが多いですが
その効き目に関しては、基本的に「ストレッチしていた時間」に比例します。

 

そしてこの「時間」という概念は、根本的な解決にとって非常に重要になります。

 

「生きてきた時間だけ乱れている」と考え

 

「完全に治すためには同じだけ時間がかかる」ということを覚悟しましょう。

 

睡眠は、ある程度骨格をリセットすることになりますが
完全にリセットすることは出来ず、起きている時間の姿勢や行動によって
常に乱し続けてきたという自覚を持ち、真摯に取り組むことが大切です。

 

効率的に矯正するなら「アイテム」を導入する

 

しかし、それでも「出来るだけ早く」直したい
という意見がほとんどであり「今までの時間」は
かけていられないという意見が現実的だと思います。

 

時間をかけることができないのであれば
やはり、ある程度は「お金」を使うしかありません。

 

矯正時間を短縮することにつながる、何らかのアイテムの導入をおすすめします。

 

一見ダイエットアイテムに見えるものもおすすめ!

 

こういった背骨・骨盤矯正用アイテムは「「バカ高い」わけではありません。

 

かと言って、「激安」でというわけではありませんが
「矯正マッサージ」の専門店の1回分程度、もしくはそれ以下であり
長い目で見れば、マッサージよりもより根本的な解決につながります。

 

鍵となるのは「常に」ということであり、「短時間」のストレッチに比べ
続けることで、より高い効果を得ることができることは間違いありません。

 

 

O脚・改善も必要

 

こと痔を骨格から考えていく際には、骨盤の状態だけでなく
「直立姿勢」や「歩行」といった要素は、痔にとって非常に大きな鍵を握ります。

 

日本人女性の80%はO脚であると言われています。

 

その理由としては、遺伝といった要素や
おんぶされている時期が長いこともが挙げられますが
家の中でも靴を履く欧米人に比べ、裸足でいる時間が長いこと原因と考えられています。

 

「O脚でなければもう少し足が長く見える・スタイルが良く見えるのに」

 

ということは、誰でも考えたことがあると思います。

 

そしてこのO脚を改善するメリットは、デメリットを消すものでもあり
痔の場合には、言うまでもなく下半身の骨格の改善につながるものです。

 

今からでも出来るだけのことをしてO脚を矯正していきましょう。

 

O脚の改善方法

 

O脚を直すための基本的な考え方は、

  • 姿勢良く座る
  • 姿勢良く立つ
  • 姿勢良く歩く

 

以上の3点です。

 

これらを意識して、以下の改善策をとっていきましょう。

 

まず、O脚には3種類有り

  • 膝と膝の間が空いてしまっている典型的なO脚
  • 膝はくっついていても、膝下がO脚になっている
  • 膝がくっついていて、足の下は外側に向いてしまっている(俗にXO脚)

 

これらは、最終的な形に違いが出ているとはいえ
乱れている原因は、同じく骨盤の歪みです。

 

O脚は長い脚の骨自体に、負荷がかかることで起きてしまうと思われがちですが
そうではなく、関節部から間違った方向に骨が向いてしまっていることが原因です。

 

そして、下半身の不具合の根本的な理由はやはり骨盤にあります。

 

骨盤を正常な位置、開き具合にすることで
そこから下のパーツに関しても、自然と正常な位置に戻ってきます。

 

簡単なアプローチから始めてみる

 

足を肩幅に開き

  • 腰を回す
  • 腰を両脇から内側に押し込む

 

という運動は、一番手軽で一番効果があります。

 

特に朝起きてスグのタイミングは、関節や骨格への負荷がリセットされた状態であり
何か行動する前に、この運動を試してみることをおススメします。

 

このエクササイズとも言えないような、簡単な運動を3ヶ月続けてみましょう。

 

長い時間をかけて、O脚は作られるために
矯正するためにも、長い時間がかかることは仕方がありません。

 

それだけに、毎日続けても負担にならない方法を見つけて
少しずつでも改善に向けていけば、必ずプラス方向に向いてきます。


 
トップ ピーチラックとは